繁栄の法則―希望実現の新理論



                ◆人の心を支配する、あるいは感情を支配するの
  は、じつは感情があって行動があるのではない、
  行動にともなって感情があらわれるのである。
  不安は現実になった時に、悩めばよいのです。
  そして解決の糸口がつかめない現実などない
   と断言し、自分を信ずることです。失敗に対して
  反省の必要はあるが、いつまでも引きずっては
   いけない。


V字回復の経営



◆やたらと出席者の多い大会議。ダメ会社症候群
   の典型!事業の原点は、商品やサービスを顧客
   に買っていただくことである。そこで会社は、開発
   →生産→販売→顧客のサイクルを回して顧客に
   商品やサービスを届けている。競争企業のそれ
   ぞれの「創って、作って、売る」は顧客のところで
   ぶつかり合い、そのせめぎ合いの中で、顧客は
   いずれかの企業を取引相手として選択し、商品
   やサービスを購入する。顧客の様々な要求を再
   び社内の「創って、作って、売る」の組織に乗せ、
   いかに迅速に顧客に返すことができるか。この
   回し(サイクル)を、社内が緊密に連携し、競合企業に打ち勝つスピードで
   行うことができれば、その企業は次第に競争相手を凌駕していくことに
   なる。

小さな会社の富裕層マーケティング



◆男具どこの店に行っても、激安だ最安値だと安
  ければ顧客は商品を買ってくれるという風潮が
  世の中にはありますが、この悪しき風潮をもう
  一度考え直さなければなりません!大切なこと
  は前例がなくても必ず多くの人に支持をしても
  らえる。大事なことはそれを理解してもらうため
  に地道に説いていく心だ。


堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方



                ◆社長と創業メンバーは一心同体ではない。一心
  同体どころかいずれは必ず対立してしまう関係
  にある。社長と創業メンバーは別の存在だと考
  えて、きちんと切り分けて考えるべし。社長は最
  悪でも自社株の半分を持っておくべき、何かあ
  れば社長が責任のすべてをかぶってしまうこと
  になるのだから、気合いを入れて会社経営に当
  たらなければならない。今は小さくともいずれ大
  きな飛躍を遂げそうなベンチャー企業を自らの
  目で選び取り、そこに仕事を求めればいい。リ
  スクを恐れて安定した大企業に勤めるのであれ
  ばリターンも少ない。リスクを自分で引き受けて、
  ひょっとしたら明日には倒産しているかもしれないベンチャー企業に身を
  投じ、そんな中で頑張って行くからこそやがてストックオプションなどによ
  って大きなリターンを受けることができるのである!

100億稼ぐ仕事術



◆人類はさらに発展するだろう。発展というのは、
   20世紀までの物質的豊かさの追究だけでは
   ない。内面の精神的豊かさの追究である。言
   い値にはかなりの儲けが含まれていると心得
   よう。相手の利益になる部分をいかに自分の
   利益に変えていくか、これが値切りの本質で
   ある。何も臆することはない!値切りとは人間
   が商売をし始めてからずっと存在する、正当
   な商行為なのだから。儲けやすい商売は、他
   人が敬遠するような商売である。3Kと呼ばれ
   る[キツイ・キタナイ・キケン]な商売である。若
   いうちは借金を背負うくらいがよい。借金とは将来の収入の先取りであ
  る。この世の本質は「諸行無常」である。人生においても、歯をくいしば
  りながら努力を重ね、常に走り続けないと自分という人間などすぐに世
  の中から消え去ってしまう。私はシビレル人生を歩み続けていきたい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。