チーズはどこへ消えた?



◆人が恐れている事態は、実際は想像するほど悪
  くないのだ。自分の心の中につくりあげている恐
  怖のほうが、現実よりずっとひどいのだ。自分が
  変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ。そう
  すれば見切りをつけ、前進することができるのだ。
  最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わ
  らなければ好転しない!


ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代



◆個人や会社が、モノがひしめき合った市場の中
   で差別化を図るためには、デザインや共感、遊
   び心などの一見「ソフトな資質」が最も重要なア
   プローチとなるのである。豊かな時代には、斬新
   で人をひきつけるものを考案し創造できる人が、
   最も多額の報酬を得ることができる。私たちの根
   底をなす活力、人間を動かす「動機」というエンジ
   ンは、「生きがいを追求すること」にある。 瞑想に
   より、精神に喜びがもたらされる。喜びは幸せと
   は違う、幸せは条件を伴うが、喜びには条件は
   ない。物質的欲望から意味的欲望への移行は、
何億人もの人々を巻き込み、歴史上類を見ないほどの大きなスケールで進
行しており、最終的に私たちの時代で最も重要な文化的発展とみなされるこ
とだろう。

「ふつうの億万長者」徹底リサーチが明かす お金が“いやでも貯まる”5つの「生活」習慣



◆高額消費をする人達は、いったい誰と張り合って
  いるのだろうか。実は自分と同じような消費傾向
  を持つ人同士で競い合っているだけだ。つまり、
  経済的に成功した人ならこういう行動をとるだろう
  と自分たちが思い込んだ行動をまねているだけな
  のだ。過去30年間、典型的な億万長者が資産の
  30%以上を株式投資に回したことはなかった。
  財産を蓄えるにあたっての最大の邪魔者は、住宅
  と周辺環境である。富を蓄積することは人生の究
  極の目的でもすべてでもありません。でも、もしも
  人生において浪費を必要としない要素から深い満
足を得られたら、はるかに楽に富を蓄積することができる。何に使ったかよりも、どんな目的意識を持ってお金を出したか、どれだけの経験や成果が得ら
れるかが問題なのです。あなたのその行動は、浪費でしょうか?それとも投
資でしょうか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。