男の品格―気高く、そして潔く



◆これからの時代は、漠たる不安とうまくつきあえ
  るかが重要で、どんな仕事で収入を得てどう生
  きていくのか一人ひとりが考えなければならな
  い。それを面白いと思える人は勝ち、弱気になる
  人は負けの時代ともいえる。面白いことをもっと
  優先した生き方をしてみよう。「男と交際しない女
  は少しずつ色あせる。女と交際しない男は少しず
  つバカになる」異性と付き合うことで、お互い緊張
  するから立ち居振る舞いにも気をつけるようにな
  る。おしゃれにも気をくばる。そんな神経の使い方
  が、いつまでも若々しさを保つことにつながるのだ。

新自分を磨く方法



                ◆成功者とは何か?それは、成功するまでそれを
  続けた人のことである。人は自分が想像した通り
  の自分を実現する。人は話している言葉通りにな
  る。人生は、その人の使う言葉によって形づくられ 
  る。ポジティブな言葉を使っていれば、人生もボジ
  ティブなものになる。自分を元気にする必要を感
  じるときがあったら、自分で自分に小さな約束をし
  て、それを守ってみることだ。自信は守っている約
  束の数に比例する。わたしたちは、事実そのもの
  を体験しているのではない。事実の解釈を体験し
  ている。

改訂版 28歳からのリアル(仮)



◆28歳の社会人は、好きなことを仕事にするという
  発想だけでなく、今の仕事を好きになってみよう、
  好きになるためにしんぼうし、工夫してみようとい
  う発想ができなければならない。できちゃった婚
  のことを、アメリカではショットガンウェディングと
  いいます。趣味はそもそも、豊かに生きるための
  遊びであり工夫です。


夢現力―あなたの中の無限の可能性を引き出し、夢をかなえる5つの力



◆奇跡を起こす秘訣は、なにも突飛なことをするの
  ではなく、実は地道にコツコツ積み重ねる継続力
  にあるのだ。人を集めるための要素は、光と動き
  と音。これが生きている実感を感じさせてくれる。
  街の活性化で大事なことはまさにそれである。





人はなぜ生まれいかに生きるのか―新装版・自分のための「霊学」のすすめ



◆人間は魂の価値観を持たなければ、物質主義的
  価値観、利己主義、すなわち不幸の生活原理し
  かでてこないのです。人間が肉体だけの存在で
  はなく霊である以上、真の幸福は物質的なところ
  には決して存在せず、心の原理「愛=他利=奉仕」
  にのみ存在します。物質至上主義の経済は、物
  質的なことばかりではなく、人間が生きていくうえ
  で当たり前のきまりや精神の豊かさを喪失させて
  しまいました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。