「20代」でやっておきたいこと



◆自分探しというのは、人が一生を賭けてやる
  べきものだ。己は何者なのか。何をやればい
  いのか。ときどきだが、大人だってそんなこと
  を考えながら生きている。自分探しの根底に
  は、「よりよく生きたい」という気持ちがある。
  これからは、一つのことを極めた人間がます
  ます大切にされるはずだ。仕事は、仲よくばか
  りでは、レベルダウンするだけだ。どうして過去
  にそうこだわるのか。過去など「食ってしまった
  飯」のようなものではないか。人生には三大後
  悔というのがあるという。
   @ もっと勉強しておけばよかった
   A もっと遊んでおけばよかった
   B もっと恋をしておけばよかった
上司の判断や意思決定の足りない個所や気がついていない部分をさりげ
なくカバーしていってこそ信頼される部下としての評価を得られる。読書は
様々な価値観との遭遇の場だ。読書によって古今東西の先人たちの考え
方や価値観に触れられる。 絶対に新聞を読め。 「愚か者は、金を持って
死んでいくために貧乏で暮らす」 「最高のものを求める人は、つねにわが
道を行く。幸福になろうとする人は、まず孤独であれ」 二十代といえば、遊
びざかりの年代だ。そんな若者たちが定年間際のおじさんのような考え方
をしている。一人の若者が二十歳を過ぎるまで、生活の大方を学業優先で
生かしてもらえるという恵まれた人生は世界にそれほど多くはないのだ。
その背後には、子供の時から親の暮らしを支えるために労働し、文字を覚
える暇さえなかったたくさんの人生がひしめている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。