「売る」文章51の技〜説得力あるキャッチコピーとロングコピーの作り方



◆伝える相手が知らない、わからない言葉は使わない。
  売り手のいいたいことは、ユーザーの知りたいことと
  必ずしもイコールではない。情報を伝えるレベルで
  終わってはいけない。コピー推敲は、直後ではなく
  一晩置くのが理想で音読すると誤字や表記ミス、
  おかしなリズムが見つけやすい。商品がなぜ必要
  なのか、商品を使うとどんなすばらしい体験がある
  のか。そのイメージが中途半端であると、読み手の
  欲望は起きてくれない。想像力を刺激しなくてはいけ
  ません。キャッチコピーの役目は見込み客を選び出
  すことでもある。リードコピーの役目は、情報をチラッ
  と出して期待を高めてボディーコピーを読ませること。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。