ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則



広告を打つということは、数万人に言葉を発する教師
である。現実は、どんな言葉を選択するかで創られる。
言葉の力を知った者は、創造者としての責任も同時に
負うのである。「求む」と言う言葉はいつの時代も注目を
集めてきたことにも注目。信頼性を高める方法の1つは、
具体的な数字を入れること。相手が納得する理由を
説明して、こちらがしてほしい行動をおこしてもらうよう
に仕向けること。コピーの分野では最強の書籍ではない
でしょうか?監訳は神田昌典さんです。様々な事例を
あげて効果的な文章構成を紹介しています。この書籍を
使い、WebやDMの反応を良くしてみては如何でしょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。