DaiGoメンタリズム 〜誰とでも心を通わせることができる7つの法則〜



バインドと言う手法を用いた質問 A.「デートしない?」 → 「イエス」or「ノー」 B.「ご飯食べに行かない?それとも、お茶にする?」   → 「ご飯」or「お茶」 ともに選択肢はふたつですから、相手がどちらか一方を 選ぶ確率は同じ50%、でも、その50%が重要なのは 前者のケースだけで、後者の場合は、確率論自体が ナンセンス。相手がどちらを選んでも、目標達成度の 観点から考えれば、100%なのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。