メンタリズム 恋愛の絶対法則



一目惚れと言う現象を科学的に分析すると、一目惚れしたほうは、無意識のうちに相手の目を5秒から7秒見つめてしまっているのです。視神経が疲労すると、人間と言うのは受動的になることが証明されている。その結果、相手が受動的になり、あなたが主導権を握りやすくなる。口を直接つけるものであるグラスの位置は、その人たちの心理的距離感を代弁しています。ボディタッチは、男女ともにもっとも触れやすく、警戒心を与えないのが二の腕。何かが完了してしまうと、人間の脳は、「これは終わり。情報としてはもういらない」と削除してしまいます。ドラマや映画でも、いいところで止めて To Be Continude にするのは、あ、まだ続くんだ、大事なんだ、と思わせて記憶を長続きさせるためなのです。よく好きなタイプに「目のキラキラとした魅力的な人」、「目の大きい人」をあげる人がいますが、この感覚は動物として、非常に理にかなっていると言えるのです。恋に落とすには、キャンドルが灯る店に一緒に行くのが最も手っ取り早い方法かもしれませんね。

DaiGoメンタリズム 〜誰とでも心を通わせることができる7つの法則〜



バインドと言う手法を用いた質問 A.「デートしない?」 → 「イエス」or「ノー」 B.「ご飯食べに行かない?それとも、お茶にする?」   → 「ご飯」or「お茶」 ともに選択肢はふたつですから、相手がどちらか一方を 選ぶ確率は同じ50%、でも、その50%が重要なのは 前者のケースだけで、後者の場合は、確率論自体が ナンセンス。相手がどちらを選んでも、目標達成度の 観点から考えれば、100%なのです。

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則



広告を打つということは、数万人に言葉を発する教師
である。現実は、どんな言葉を選択するかで創られる。
言葉の力を知った者は、創造者としての責任も同時に
負うのである。「求む」と言う言葉はいつの時代も注目を
集めてきたことにも注目。信頼性を高める方法の1つは、
具体的な数字を入れること。相手が納得する理由を
説明して、こちらがしてほしい行動をおこしてもらうよう
に仕向けること。コピーの分野では最強の書籍ではない
でしょうか?監訳は神田昌典さんです。様々な事例を
あげて効果的な文章構成を紹介しています。この書籍を
使い、WebやDMの反応を良くしてみては如何でしょう!

クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間



「できるかできないかは重要でない。やってみることに
価値がある。」

著者はレーシングドライバーであり、
レース中の不慮の事故により全身に重度の火傷を
負いました。その辛い、入院生活からの奮闘記です。
日々時間に追われて生活している中で、感動すると
言う気持ちが、まだ自分の中にあることを再確認させて
くれる本です。日々なんとな〜く生きている方は、
この本で目を覚ますことをお勧めします。

めんまじ



人生、「自分は凄い」と勘違いできるヤツって強いよ
な〜!共感です、そうでないとどんな分野であれ
突出した成果は出ないと思います。いわゆる、成功者
と言う方。ちなみに「めんまじ」は、メンタルマネージメ
ントの略だそうです。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。